« こまとま | トップページ | 表舞台を去るType U »

2005/08/26

PC:旧メインマシン再構築

とりあえずOpteronでのDirect3Dプゲラッチョ問題について、W2kでもMCEでもx64でもWindowsなら同じ状況で全滅状態なので、旧マザーを再登板させることにした。

筐体にはコレを使用。電源余ってるし安いから。ジャンクだけに包装用油紙が張り付いてますけど、食器用たわしでコシコシ磨けばきれいになります。

VGAにとりあえずあまってたQuadro NVS280だけさして起動。普通に動く。NVS280ってGeForce MX4000相当だそうで、ちょーっとパフォーマンスでは厳しいものはあるのですけども、まあ動くからいいか。

しかしまあDELLモニタ、2405FPWのアナログ対応の酷さはD4入力で実感してましたけど、アナログVGAも酷い。ワイドモニタなのに960x800とか1280x768とか対応してなくて、入力すると画面がぶっ壊れますw どうも1920x1200/1920x1080/1366x768の3つしかモードもってないっぽい。このモニタは事実上DVI-Iの1系統専用と思ったほうがいいです。これぞSAMSUNG QUALITY。

まーなんだ、やっぱモニタはアナログ入力を使うとお里が知れます。ナナオからD5/HDMI対応で1920x1200のモニタとか出ないかな。

|

« こまとま | トップページ | 表舞台を去るType U »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC:旧メインマシン再構築:

« こまとま | トップページ | 表舞台を去るType U »