« ムシャクシャしていたので | トップページ | IWCにて反攻の狼煙 »

2006/06/16

FFXI:真のエースを目指して

FF村社会にはへんな風習がいろいろありまして。本来エースとは「最も優れた切り札のような能力」を示す良い意味があるはずなのですが、FF村でのエースとは「ボンクラ」という意味があります。難しい。

そのFF村にて次世代のエースジョブとして名高いからくり士をはじめました。英名パペットマスター。からくり人形(オートマトン)をあやつって敵と戦うジョブです。連載が終わったあれとの関連はなし。

・ろくな装備品がない
・人形が弱い
・からくり士本体はさらに弱い
バグが多い

と、現状ろくな事がないジョブですが、細々とソロプレイをやってみようかと思っています。

私のキャラは元々モンク錬金術を上げているので、格闘スキルが高く、消耗品の調達が楽。フツーの人よりはからくり適正があるとは思います。机上の計算ではwメリポ格闘7段階+セスタスベルト+フェイストルク夢想阿修羅拳も打てる予定。フェイストルクをロット売りしてるとこないかなww

まだlv13なのでどんなジョブか試行錯誤中。20まではがんばる。

|

« ムシャクシャしていたので | トップページ | IWCにて反攻の狼煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FFXI:真のエースを目指して:

« ムシャクシャしていたので | トップページ | IWCにて反攻の狼煙 »