« まじゃりんこシール(違 | トップページ | FFXI:傀儡士30 »

2006/07/13

星野金属の件

ココログが前人未到の48時間メンテでとまってました。

なので旬を過ぎた話題ですが、星野金属工業の話。不渡り出したらしいですが、すでに工場は「夜逃げ完了!」状態なのでこのまま倒産確実のようです。以前から社長一族のDQNぶりは有名でしたが、星野はPCのケースメーカーとしてはエポックメイキングなところなので、なくなるのは素直に寂しい感じはします。


最近は「そんなに良いもんでもないのでは?」「無駄に高い」「エアフローがなってない」とか言う人も多いのですが、そんなのはどーでもよくて。星野の功績は

ペンチとか金槌とか無しでちゃんとマザーがケースに収まる」
拡張カードがいがまないでちゃんとスロットに刺さる」
「ちゃんと規格どおりにあるべきところにネジ穴がある
「手袋なしでも作業中手が血まみれにならない
「数回開け閉めしただけではネジ穴がバカにならない
(思い返して数件を追加)

普通のPCケース”を発売したことにあると思います。

昔の台湾産PCケースの品質はそりゃひどいもんでしたから、「日本の田舎の板金屋」の工作精度の高さに感心した記憶があります。まあ所詮は板金屋。「電源が上下逆」「なぜか全部ミリネジ」「エアフローっておいしい?」とかそのへんはしかたないw


結局、その“普通のPCケース”が台湾でも製作されるようになった時点で、星野は役目を終えた感があります。商売的にも経営的にも、田舎の板金屋には限界があったのでしょう。

SAYONARA!
さよなーらー

|

« まじゃりんこシール(違 | トップページ | FFXI:傀儡士30 »

コメント

ちゃぶ台どーなってます?
ウチの星野ケースは減益バリバリです。

現役?
そういえば星野ケースのPCはMeが入ってるんですよ。
だからあまり立ち上げないし、立ち上げてもすぐ青くなる。

「このアホ毛のドジっ子が!!」とか怒ってるウチにサポート終了なんだねぇ。

投稿: ぐら | 2006/07/14 12:53

俺もブログでボロクソに書きましたけど、
Vista登場後の1発目の自作は星野の机を考えてた(CPUは焜炉か尻原)ので
惜しいといえば惜しいなあという心境です。

投稿: YOMA | 2006/07/14 15:12

うちの星野製品は

・MT-PRO1000(星野2代目:6年オチ)
廃熱が悪いといわれ続けたケースだけど、HDD8台入れて7d/24h稼動で4年くらい普通に動いていた。いたって元気ですが先日退役。

・PRISM-II(ちゃぶ台)
Opteron 250 Dual+GF6800 Ultraの暴熱構成で、いたってまともに動作中。この上で作業もするし、仕事もするし、飯も食いますw 当初不安定だったのはケースの廃熱云々というより、MSIのマザーの完成度が低かった模様。

Meたんはサポート終了ですが、それに併せてVPC2004が無料配布になったので、どーしても必要ならVPCで使ってくれ、ってことなんでしょうね。

投稿: Topika | 2006/07/14 16:23

いやしかし・・・あの電源の爆熱っぷりは
いくら考えてもおかしかったぞw

投稿: YOMA | 2006/07/14 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野金属の件:

« まじゃりんこシール(違 | トップページ | FFXI:傀儡士30 »