« パススルー力不足 | トップページ | REGZA de VISTAのその後 »

2007/04/23

REGZAとNAS偽装VISTA

Photo_1
(REGZA録画中のPC負荷。16MB/sくらいの番組なのかなこれは)

REGZAにVISTA PCを認識させる手順

東芝の液晶TV REGZA ZシリーズにはLAN HDD機能ってのがありまして、NASとかWindowsPCにデジタル放送をそのまんまストリーム録画できます。で、NAS用の「LAN HDD専用端子」とPCその他機器用の「汎用LAN端子」ってのがあって、世の中のREGZAユーザはみんなマニュアル通り、汎用端子使ってるっぽいんですが。

「帯域を分離したい」のと「NASが繋がってPCが繋がらない道理は無い」だろうとあえてHDD専用端子とPCを直結しました。PCにネットワークポートが3つあって1つ余ってるし。まだ不具合いろいろあるけど一応認識した手順をメモ。つかれたorz


■VISTA側の設定
1.ユーザ作成
「ユーザーとグループ」でパスワード付きユーザを作成します。

2.ネットワーク設定
「ネットワークと共有センター」で「ファイル共有」と「パスワード保護共有」を有効にします(たぶんデフォルトで有効)。で、REGZAに繋ぐネットワークポートのIPはDHCP取得にします。

3.共有フォルダ設定
フォルダ(例:regza)を作成して共有タブの共有ボタンから「共有アクセス許可」に作ったユーザを追加して“共同所有者”に設定します。で、セキュリティタブに作ったユーザを追加して、フルコントロール権限を付加します。

4.セキュリティポリシーの変更
「コンパネ>管理ツール>ローカルセキュリティポリシー」~「ローカルポリシー>セキュリティオプション」~「ネットワークセキュリティ:Lan Manager 認証レベル」を「LTNM2応答のみ送信する」から「LTとLTNM応答のみ送信する」に変更します。

どうもREGZA内蔵のsambaのバージョンが古いため、VISTAで必須になってる認証形式(LTNM2)に対応してないっぽいです。なので古い形式を許容するように変更します。これはREGZA側がオンラインバージョンアップされないとマズイよね。


■REGZA側の設定
1.物理的な結線
REGZAの汎用LAN端子の線を抜いて、HDD専用端子にPCを接続します。両方繋がってると認識しませんでした。認識させたい方だけを繋ぎます。

2.REGZA側ネットワーク設定
HDD専用端子のDHCPリースIP数を1に設定します。なぜかリース数を絞らないと認識しませんでした。本来は必要ないはずですが、、よくわからん。NASとVISTAで挙動がなんか違うのかね。

3.REGZAにLAN HDD(実態はVISTA共有フォルダ)を認識させる
①手動設定でVISTAのユーザを指定して認識させる
②番組表からVISTAのユーザを指定して録画予約で認識させる
③メニューのLAN再生からVISTAのユーザを指定して認識させる

これを全部やる必要があります。この3系統でそれぞれ別個にLAN HDD設定を保存してるらしく、1カ所成功しても気は抜けません。

4.後始末
・DHCPのリースIP数を10(デフォルト)戻す
・REGZAの汎用LAN端子をネットワークに接続
1回ちゃんと認識させれば、設定を戻しても大丈夫っぽいです。

ウチの環境でLAN HDDテストでは「録画OK」「録画再生NG」の表示。はてさて。

|

« パススルー力不足 | トップページ | REGZA de VISTAのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: REGZAとNAS偽装VISTA:

« パススルー力不足 | トップページ | REGZA de VISTAのその後 »