« PC:久々の大型地雷 | トップページ | 家庭にもカラーレーザー »

2007/09/21

遺棄大型地雷処理中

大型地雷についていろいろためしてますが、VISTAで1080pがファビョる問題は、CATALYST7.9を無理やりインストールするパッチドライバを入れた上で、手動で解像度設定したらなんとかなりました。

それはそれとして、どうもULiのAGPと激しく相性が出ている気配もあります。というかULiに限らず相性問題は多々出ているようなんですがね。

[K8]=HT=[M1695]=HT=[M1567]=AGP=[Rialto]=PCIe=[RV610]

こんな接続だしなあw とりあえずAGP関連でいじれるパラメータを総当りで試してみてますよ。

↑パフォーマンス高
× AGP 8x / AGP FW Enable / DeepFIFO Auto (デフォルト)
× AGP 8x / AGP FW Enable / DeepFIFO Enable
× AGP 8x / AGP FW Disable / DeepFIFO Auto
× AGP 8x / AGP FW Disable / DeepFIFO Enable
△ AGP 4x / AGP FW Enable / DeepFIFO Auto
△ AGP 4x / AGP FW Enable / DeepFIFO Enable
△ AGP 4x / AGP FW Disable / DeepFIFO Auto
△ AGP 4x / AGP FW Disable / DeepFIFO Enable
↓パフォーマンス低

AGP 8xだと、下手すると起動直後にリブートかかってアウトなのは確定。△ってのはXPはOKだけどVISTAでハングアップなのです。とはいえ「RAID0からRAID5×2に並列で200GBコピー中にFFXIベンチv3を起動」というそこそこ負荷高い状態でのテストだと止まる、ってことで。それぞれ単体で負荷かける分は大丈夫なんですよね。やっぱりVISTAって以下略なのがわかっただけかも。

それはそれとして、度重なるリブートでVPC2007の仮想環境ファイルがぶっ壊れたのが痛いorz

■参考:動作環境
CPU:Opteron165
SMB:ASRock 939Dual-SATA2 (BIOS 2.30)
MEM:DDR400 3GB
VGA:大型地雷
RAID0:WD 320GB×4
RAID5:HG 500GB×4
RAID5:ST 160GB×4

|

« PC:久々の大型地雷 | トップページ | 家庭にもカラーレーザー »

コメント

これだから変換チップ系は・・・。
俺もGeForceでちょっと痛い目みたサ。
ついでにIDE-SATA変換でも結構痛い目みたサ。

投稿: YOMA | 2007/09/22 01:15

939DualのBIOSだと、nVIDIAの変換チップ用の設定項目が途中から追加されたんですよね。マザーが現役の頃ならATI用のパッチ出してくれたかもしれないですが、今となっては厳しそうだなあ。

投稿: Topika | 2007/09/23 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺棄大型地雷処理中:

« PC:久々の大型地雷 | トップページ | 家庭にもカラーレーザー »