« こっちも復活してた | トップページ | ヘタレバッテリをどうするか »

2007/11/21

Quad FXを柩体に収めた

Quadfx03
(一点豪華大艦巨砲重厚長大核熱轟爆主義を主張している)

鉄板がペラペラペコペコでも
ベイの設計ミスで片側マウントしかできなくても
新製品なのにバックパネルが錆びていても
ベイカバーの開き方向が変で作業しにくくても
エッジ処理まったくしてなくて手を切りそうでも
LEDの極性が逆になっていても

この直径36cm FANが一基あれば戦える!!
つーことでケースはサイズ扱いのPROPELLERにしました。

・エアフロー考えるのがめんどくさくなった
・安い(8980円)

以上の理由によります(ぉ しかし値段相応というか、一点豪華主義というか、ほんっとうに安っぽーい作りのケースです。ここまでチャチイのは10年ぶりくらいに見たかも。見た目はわりと普通(?)なんですが内部の作りがテキトーですね。いちおー、コレに放り込んでおけばCPUFANがガンガンまわる事はなさそうですよ。

しかしま、なんだかんだでサイズはココロの琴線に触れるチョイスをしてくれる。わかって使う分にはいいですね。

|

« こっちも復活してた | トップページ | ヘタレバッテリをどうするか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Quad FXを柩体に収めた:

« こっちも復活してた | トップページ | ヘタレバッテリをどうするか »