« RDB:DVD-RW DL 2x | トップページ | HD DVD終了のお知らせ »

2008/01/05

RDB:絶滅へと向かう要因

高速度リライタブルメディアが死滅した原因は「後方互換性の切り捨て」が最大の要因と考えられます。現在、各規格で主流となっているメディアは「市場の全てのドライブで幅広く使えるモノ」って感じですね。

(個人的に)意外なことに、DVD-RWだけが堅調に生き残りそうだと言うことがわかりました。複数メーカーで製造されているってのは、需要もさることながら、上限6xってことで技術的なハードルが低いってのもありそうな気がします。

技術的なハードルと言えば、規格だけ決まっててモノが出てこないDVD+RW DLとかDVD-RAM2 16xとかが最たるモノです。「対応ドライブが無いけどメディア作りました」というJVC DVD-RW DLの蛮勇は称えるべきですw

(レッドデータブックシリーズ)

|

« RDB:DVD-RW DL 2x | トップページ | HD DVD終了のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RDB:絶滅へと向かう要因:

« RDB:DVD-RW DL 2x | トップページ | HD DVD終了のお知らせ »