« SEDはどこへ消えた? | トップページ | エコ(笑)電球 »

2008/07/07

Arcsoftの罠

Photo
(オールグリーンなのにソフトは起動しない無意味なチェッカー)

Arcsoft Digital Theatre、週末にインストールしてたのです。体験版が普通に動作してたので、何も考えずインストールして、オンラインアップデートかけると起動しない。あれ?と一度アンインストールしたら再インストール時にエラー(汗

その後、半日格闘してわかったこと。

・アンインストールは手動ディレクトリ&レジストリ消去が必須
・オンラインアップデートするとx64では起動しない

解決策は、オンラインアップデートした後に、フロントエンドのuDigital Theatre.exeを旧版に差し替えること。VISTAだと、旧バージョンの検索とかでsystem volumeからバックアップ勝手に引っ張ってくるんで、楽ですね。とりあえず家にある一番新しいBD(「かぐや」が見た月と地球)が再生できてるから、普通の視聴は大丈夫でしょう。

起動しない原因は、アプリケーションログを見ると、起動時にUDFドライバを組み込みに行って、そこで弾かれてるみたい。たぶんこのUDFドライバがx64非対応なんでしょうね。んー、旧版では読んでないってことは、BD-Profile 2,0対応でなんか挙動が変わったのかな。

まー、ちょっとハード弄るソフトのx64対応度はまだ微妙ってことですね。ちなみに、このソフトはTheaterではなくTheatreらしい。なぜだろう?

|

« SEDはどこへ消えた? | トップページ | エコ(笑)電球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arcsoftの罠:

« SEDはどこへ消えた? | トップページ | エコ(笑)電球 »