« KVMスイッチ交換 | トップページ | 円高 »

2008/10/27

最低を目指す争い

デル、Atom Z530/12.1型液晶搭載モバイルノート

予想通り、Netbookはセグメントを越えて、Celeron/Pentiumの市場を食い荒らしにやってきました。Intelには、こうなることなんぞ、ハナからわかってた筈なんですけど。それでも「AMDやVIAにシェアを少しでも渡すくらいなら市場ごと破壊してやる!!」っていつものパターンなんですかね。

どこまで低い性能に消費者が我慢できるか?

という最低を目指す争い(by SONY)に突入してると思います。ソニーのNano機はVIA時空に引っかかって出て来れないみたいですが。ばゆーの3年保障が切れる春頃までには出て欲しいね。

|

« KVMスイッチ交換 | トップページ | 円高 »

コメント

なんでAtom Zなんか使ってるんだかなぁw

最近は業務で使うノートPCでもセキュリティ対策で
結構なソフトを入れさせられますから常時パワー食ってます
EXCEL、WEB、メールだけであっても
相応のスペックは欲しい、ネットブックは論外ですね

投稿: YOMA | 2008/10/27 18:25

まーでも普通のオフィス端末ならDualCore Atomで事足りる気はするんですけどね。OSがVISTAでもビデオチップがマトモならちゃんと動くでしょうし。

使えるかどうか、そのうち稟議に1台こっそり混ぜてみるかもしれません。

投稿: Topika | 2008/10/27 18:47

んー、やはりデュアルコアは最低ほしい、ってトコロはありますね。

ウイルス対策ソフトを入れてる場合の起動時間に差が出てきます。メモリを倍つんでいてもデュアルコアが有利じゃないかなー。

投稿: ぐら | 2008/10/27 20:57

ですねー。とにかくNetbookはDual Core待ちという感じではあります。

DC NanoがVIA時空の彼方ですたんばってます(?

投稿: Topika | 2008/10/27 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最低を目指す争い:

« KVMスイッチ交換 | トップページ | 円高 »