« リネーム大王の動向 | トップページ | 御財布携帯 »

2009/04/10

土俵際で生き残った

光ディスクでシャープとパイオニアが共同出資会社

出資比率は、パイオニアが過半を占める方向で調整している

てっきりシャープがパテントだけ買い取ってπドライブ乙、が規定路線だと思ってたんですが。パイオニアブランドの自社ドライブが生き残る目が出てきましたね。

プレクスター亡き今、光学ドライブでブランド価値を持ってるのはパイオニアだけだと思うので、活用する気ならまだ戦えそうです。

■ブランド価値ランキング(俺脳内調査)

↑高い
プレクスター
パイオニア、ティアック
ヤマハ、ソニー
リコー、三洋、松下
日電、日立、ライトン、ミツミ
LGE、フィリップス、ベンク
東芝、三星
↓低い

なんかもう、やってないところばっかりだな。今は

ソニーオプティアーク
日立エルジーデータストレージ
フィリップス・アンド・ライトンデジタルソリューションズ
パナソニックコミュニケーションズ
東芝サムスンストレージテクノロジー
パイオニア・シャープ(New!)

の全6社体制ですかね。しばらくはこのままでしょうか。

|

« リネーム大王の動向 | トップページ | 御財布携帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土俵際で生き残った:

« リネーム大王の動向 | トップページ | 御財布携帯 »