« type PでBlu-ray | トップページ | 仕込みは滑るよ »

2009/07/11

FFXI in VirtualBOX

Ffxi_sunvb
(タルタルタルも一枚皮を剥けばこんなものなのさ)

世の中仮想化全盛の時代になって参りました。

サンマイクロのクライアント向け仮想化環境、Sun xVM VirtualBoxってのがあるらしいです。まあVMWare、MS VirtualPCとかと比べるとだいぶマイナーですが。ゲストOSに複数CPU割り当てられたり、USBパススルーできたりとなかなか高機能です。タダだし。

新版の3.0.0でDirect3Dに対応したとかニュースになってたので、おなじみタルベンチ3を試してみました。

テ ク ス チ ャ 張 れ て な い w

まあVMのゲストOSでDirect3Dが扱える、ってだけで大きな進歩なので。今後に期待ということにしておきませう。

あ、ちなみにPhenomII 955BEとかCore2Quad Q9650でテストしましたけど、秒2コマくらいです。起動するだけ御の字ってところ。

|

« type PでBlu-ray | トップページ | 仕込みは滑るよ »

コメント

空のテクスチャはいけてんのかねコレ

仮想PCは実業務での提案も増えると思うが
やはり本命はHyper-Vなんですかねぇ
構成組むと凄い値段になるんだが(笑)

投稿: YOMA | 2009/07/13 17:13

空(雲?)だけは実機と同じ表示ですね。テクスチャじゃないのかもしれない。

実案件ベースで言うと、実績・安定性・サポート・自由度でVMWare Infrastructureがダントツだと思います。まだ前哨戦ではありますが、おそらくMSはいつものように価格とバンドルで攻めてくるんでしょうね。

Sun VirtualBoxはお遊びにはいいですw 32bitホストOSに64bitゲストOS載せられるのはがんばってると思う。

投稿: Topika | 2009/07/14 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FFXI in VirtualBOX:

« type PでBlu-ray | トップページ | 仕込みは滑るよ »