« ベーパーウェアの歴史にまた1ページ | トップページ | AMDが細々と調子に乗っている »

2009/08/04

なつかしのブランド復活

三菱化学、データ用光ディスクを「Verbatim」に切替

そういやこないだZOAで買ったSDHCがVerbatimだった。

三菱(化成)バーベイタムっつーと5インチフロッピーに記憶が直結する人が極めて多いと思われます。最近は(というほど最近でもないが)欧米でのDVD+RWの旗振り役として存在感を示していたような。まあもともと2ブランド使ってる意味もあんまり無いですしね。どっちもブランド力あるからこその贅沢な悩みなんだろうけど。

今年3月にFDを終了、そして12月にはMOも終了と時代が終わっていく感覚がひしひし。

|

« ベーパーウェアの歴史にまた1ページ | トップページ | AMDが細々と調子に乗っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なつかしのブランド復活:

« ベーパーウェアの歴史にまた1ページ | トップページ | AMDが細々と調子に乗っている »