« nForceの終焉 | トップページ | nForce遍歴 »

2009/10/09

WHSでRAMDISKを使う

備忘録風。

以前の記事で書いたように、WHSはWindows Server 2003 x86ベースで、きっちり4GBメモリを使用できます。8GBメモリを積むと4GB余るので、いつものGavotte Ramdiskで余り領域をRAMDISK化、swapなんかに割り当てて二次利用するわけです。で、ちょろっとインストールした結果。

普通にインストールするとOS管理外領域を使えません。

どうやら、Windows Server 2003 Std x86の場合、4GB以上の領域は管理外なのではなく、4GB以上もちゃんと管理した上でライセンス上4GBに制限している、ようです。Enterpriseとかはx86でも大容量メモリ使えますしね。なのでGavotteは管理外領域を見つけられなくて最小値の16MBで起動するわけですね。

で、どーするかというと、「システムのプロパティ>詳細設定>起動と回復>起動システム」のオプションに「/maxmem=4096」とか入れて、システムで管理するメモリを制限します。そーすると管理外メモリを分捕りに行きます。

maxmem=4096にすると、OSが確保するメモリは2.75GB、RAMDISKが5.25GBになりました。実際にオプションに指定する最適値はよくわかってないんで、ちょっとあとで詰めてみます。

|

« nForceの終焉 | トップページ | nForce遍歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WHSでRAMDISKを使う:

« nForceの終焉 | トップページ | nForce遍歴 »