« カキフライの季節ですが | トップページ | メリケンサイズ茄子 »

2009/11/30

カッコンフリーズとRAID縮退

鯖仕様のM3A79T、やめときゃいいのにSeagateでオンボードRAIDを組んであります。Barracuda 7200.11 ST31500341Aってことで、Sofmapで買い取り拒否のいわくつき型番を、リコール騒動の後にあえて買ったものです。

しかしか今のSeagate、問題が山積み。リコールの原因となったディスクロック(認識不能になって文鎮化)はファームウェアのバグ取りで直ってるみたいですが、そのほかにも。

・低温病(ディスク内温度が低いと動作不良)
・大量リアロケ(代替セクタのリアロケーション多発)
・カッコン(と音がして数秒~数十秒フリーズ)

あたりが有名でしょうか。LPやES含めて現行機でもバリバリ(やめて!)状態です。

で、ウチで問題になるのは、最後のカッコンフリーズなんですな。音がしてフリーズするのはいいとして、それでRAIDが縮退するのはいただけない。さらに、AMDのオンボードRAIDは「Windows上のソフト(RAID Xpert)じゃないと復元できない」。BIOSメニューだとDeleteしかできないという。

つーわけで、たまによく再構築作業を走らせてますorz

|

« カキフライの季節ですが | トップページ | メリケンサイズ茄子 »

コメント

リアロケーションは、うちのReadyNASでも1本起きてますね。
予備タマを準備して、何かあってもいいようにはしてますが。
本当はWDのを使いたいのだが、動確取れてるモデルがなかなか・・・。

投稿: YOMA | 2009/11/30 19:53

素で使ってる1TBはリアロケ2個ってのは把握してるんですが、AMDのRAID下だとS.M.A.R.T.が覗けないので以下略。

レディ茄子はWDの500Gプラッタモデルがダメらしいですね。ネトギアは「WDのファームのバグだ!」って主張してるようですが。

まあ、今買うならHGSTの2Tじゃないでしょーか。正直500Gプラッタ世代はメーカー問わず怪しい空気をかもし出しています。HGSTの「大容量は枯れたプラッタ」ってポリシー、こういうときには効いてきますね。

投稿: Topika | 2009/11/30 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/46898694

この記事へのトラックバック一覧です: カッコンフリーズとRAID縮退:

« カキフライの季節ですが | トップページ | メリケンサイズ茄子 »