« 富士通どーなってんの | トップページ | じわじわiVDR »

2010/03/09

3DTVの大本命

ソニー、3D対応「BRAVIA」を6月10日発売

宣言どおり、40v型普及機までフルラインナップ。TV・システム・映像・ゲームを一社で全部そろえられるのはやっぱ強いよなあ。

ってことで40v型を夏に狙うかな。懸念点は一つ。

省エネ基準達成率:未定

つまり新バラマキエコポの対象になるかどうか、まだ未定です。対象になるかどうかで売り上げは天地ほど変わるでしょうから、発売直前まで調整が続くと思われます。

アナログまわりの設計者はがんばっていただきたい。

3D BRAVIA KDL-40HX800(7月16日発売/実売220,000円)
3Dメガネ「TDG-BR100」(6月10日発売/実売12,000円)
3Dトランスミッタ「TMR-BR100(7月16日発売/実売 5,000円)

まあ、買うならこの組み合わせだなあ。上位機はツルテカペッタリのスーパーグレア仕様らしいので、暗室じゃないと安心して置けませんね。映像よりも自分の顔とか蛍光灯が見たい!って人が買うといいのではないでしょうか。

|

« 富士通どーなってんの | トップページ | じわじわiVDR »

コメント

3D部分で性能差が出るか出ないか気になるところやね

投稿: YOMA | 2010/03/11 15:20

その辺は製品出そろわないとわからんですね。
3D対応ゲーって何が出るんだろう。

投稿: Topika | 2010/03/12 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3DTVの大本命:

« 富士通どーなってんの | トップページ | じわじわiVDR »