« 20年で1000倍 | トップページ | 土管代仕分け成果 »

2010/04/07

PS3 Linuxの現状

20100404192351
(簡単インストールで一通り全部できる、が、とにかく重い)

無くなるとなると欲しくなるのが日本人
進化が袋小路に入って止まると欲しくなるのがわたし

というわけで、PS3デブッチョ(FW3.15)に他のシステムのインストール。オールインワンPS3 Linuxディストリで有名なFixstars Yellow Dog Linux 6.2 for PPCを入れました。

むかーし入れたとき(YDL3.xくらい?)は、ブートイメージをUSBにコピーしたり、設定手打ちしたり、日本語フォント入れてロケール設定したり、いろいろめんどくさかったんですが。最新の6.2はディスク入れてリブート、インストール開始(だけ手打ち)したら、ほとんど何もしないで日本語環境が上がってきます。きちんと進化してるんですね。

………

しかしながら、現時点でのPS3 Linuxですが、実際のところ

安価なCELLプログラミング環境としてのみ存在価値がある

という感じです。起動してみればわかりますが、とにかく遅すぎます。はっきりいってLinux Desktopとしての存在価値はありません。どう考えてもその辺のWindows PCにVirtual PC 2007入れてLinux仮想マシン作った方が圧倒的に高速です。遅い理由はいくつもあって、

・PS3 OS上の仮想マシンとして動いている
・よってディスクIO周りが壊滅的に遅い
・CPUにも負荷がかかりっぱなし
・そもそもメモリ不足(200MB程度しかない)

特にメモリ不足はいかんともしがたい。今時は最廉価PCでも2GBメモリ載ってる時代ですからね。YDL6.2は「PS3 Linuxでは使ってないRSX用VRAMをSWAPとして確保する」という荒技をデフォルトでやってますが、それでも200MB+256MBですから焼け石に水です。

というわけで、4/1アップデートどうしよう><とか悩んでるPS3デブッチョユーザーのみなさんは安心してアップデートして下さい。CELLプログラミングをしないのであれば、全く必要ありません。

|

« 20年で1000倍 | トップページ | 土管代仕分け成果 »

コメント

先生!ゲームするかしないか位でしか使わない私のでぶっちょさんは、問題ありませんかー?( ゜д゜)ノ

投稿: でばさん | 2010/04/08 01:31

げーむとBD再生にはアップデートが必要なので、迷わずアップデートしてくださいw

投稿: あかわに | 2010/04/08 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS3 Linuxの現状:

« 20年で1000倍 | トップページ | 土管代仕分け成果 »