« NIFTY-Serve25周年 | トップページ | (^o^)ノつぶしあえー »

2011/04/18

苦労と試行の存在価値

20110419013805
(コレが動くってんだからPCってのはなかなかアバウト)

玄人指向 PCIEX1-PCI
 ¥3980-

「PCI Express x1」を「32bit PCI v2.3」に変換する基板。

古いPCIを新しいPCIeへ、って方向はけっこう昔から出てましたが、新しいPCIeを古いPCIへの変換はすごい。どんなに古いPCでも、物理的には最新のI/Fが刺さるって事です。こんな無茶な変換基板を単体で発売することこそ、玄人指向の唯一の存在意義。

とりあえずPCI Expressなんか存在しない世代のマザー+PCIeのVGAでテスト

MB:MSI K8T Master2-FAR7
VGA:ZOTAC ION GT218 PCIe x1

コレで普通に動いてしまうからPCって面白いですね。まあこの手の使い方はココの方440BXマザーにGTX460搭載とかむちゃくちゃやってるので、後追いにしかならないので突き詰めませんがw

この基板、66MHzも対応してるのはすばらしいですね。普通にPCIが余ってるマザーでも活用法はありそうです。

|

« NIFTY-Serve25周年 | トップページ | (^o^)ノつぶしあえー »

コメント

66MHz対応は確かにすごいかも。
じゃー次はPCI-X変換だな。
RAIDボードとか動いたらすごいぜ。

投稿: YOMA | 2011/04/20 20:52

VGAが動くくらいなのでRAIDボードも動くでしょうね。そもそも初期のPCIe RAIDは、ボード上でPCI-X to PCIeのブリッジ使ってるものが多かったと記憶しています。

まあ物理I/FとしてPCI-Xの変換ボード作っても需要0だと思うのでさすがにやらないと思いますがw

投稿: Topika | 2011/04/21 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/51432156

この記事へのトラックバック一覧です: 苦労と試行の存在価値:

« NIFTY-Serve25周年 | トップページ | (^o^)ノつぶしあえー »