« 羊肉のターン | トップページ | そういや売ってたね »

2011/05/22

偏光3D=廉価低性能

やたら秋葉で置きまくられてるLG D2342P-PNを店頭で見たのですが、まあなんというか「安かろう悪かろう」を地で行ってる感じですね。こんなのに普及されたらたまらんわ、という本音が4Gamerの提灯の一番最後に漏れてるw

クロストーク発生しないはずなのにラインジャギジャギ、ベストポジションで見ない限り全く立体感無し、ちゃんと考えられた角度から身動き一つ取れないんじゃ話にならない。シャッター方式の中で性能が低い方と思われる、HX800と比較しても、没入感に雲泥の差がある。120Hzの3DVisionと比べると可哀想になってくるレベル。

アクチブシャッターメガネが嫌いって人は多いんだろうけど、歴然とした画質の差はいかんともしがたい。頼むからどこかのメーカーでPC用に120Hzの1920x1200を出してくだちいww

|

« 羊肉のターン | トップページ | そういや売ってたね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偏光3D=廉価低性能:

« 羊肉のターン | トップページ | そういや売ってたね »