« 歴史はBlu-rayを評価した | トップページ | type Pのクロックアップ »

2011/06/22

AMDがいつも通り迷走中

AMD、SYSmark 2012が信憑できないとして、BAPCoから脱退

絶対性能でついていけなくなっているなっている感がありありと。つかベンチマークにケチ付け出したら終わりだろうw

「Phenom II X4 960T Black Edition」を発表

アンロック6コアで最後の禁じ手発動ww
ドザーの遅延で本当に苦しいよなあ。

|

« 歴史はBlu-rayを評価した | トップページ | type Pのクロックアップ »

コメント

NVIDIAとVIAも脱退したようですね

投稿: hage | 2011/06/23 11:25

SYSMARKが2007から2012になって、評価アプリがAdobe CS2からCS5になったので、NVIDIA絶対有利(CS4からCUDA対応)なんですよね。

かといってクリエイティブ企業でAdobe製品使わないなんてことはありえないので、「実ユーザーの行動/作業を反映していない」なんてAMDの主張は寝言にしか聞こえないんです。

まあ、この不利は覆しようがないのでAMDが抜けるのはわからんでもないです。NVは相手が抜けたから意味なくなったって感じなのかどうか。VIAは単に金の問題の気がするw

投稿: Topika | 2011/06/23 15:12

intelの莫大な金が入っているせいか、intelCPUに最適化されて最高速で処理が
続けられる32~64bit毎にデータ転送出来る様になっていて、intelだけ実動作から
乖離した良い結果が出ていた。

問題なのは性能そのままの結果になるAMDやVIAと比べて差が出たり、intel+にすると
ベンチは良い結果が出るが実際の動作がベンチより遅くなるせいでVGA(Rade&GF)が
叩かれること。

そりゃアホらしくて抜けたくも成るだろう

投稿: hage | 2011/06/23 23:28

まあインテルガーと言うなら直接そう言えば良いだけの話で。「実ユーザーの行動/作業を反映していない」って言い訳が意味不明かなと。

ベンチ以前に「実アプリがIntelに最適化されてる」ってのはある意味当たり前なんですけどね。そりゃシェアでかいほうに合わせるだろー。

投稿: Topika | 2011/06/24 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/52014042

この記事へのトラックバック一覧です: AMDがいつも通り迷走中:

« 歴史はBlu-rayを評価した | トップページ | type Pのクロックアップ »