« type Pのクロックアップ | トップページ | Azure本気だな »

2011/06/24

単機能ディスクリ万歳論

AMDのBAPCo脱退の背景にある拡大するGPUコンピューティング

まー要約すると

「CPU弱いLlanoがベンチでボロクソになるから脱退するよ!」

ってことみたいです。まー「Core2系に匹敵する性能」のK10コアで3GHz届いてないんだから、性能は推して知るべしってもんで。

GPUコンピューティング云々って言っても、ATIでまともに使ってる例あるんだろうか? 具体的な利用例が示されない段階で、GPUをヘテロジニアスコアにカウントして、CPUの性能を水増しすることに意味があるとは思えない。

|

« type Pのクロックアップ | トップページ | Azure本気だな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単機能ディスクリ万歳論:

« type Pのクロックアップ | トップページ | Azure本気だな »