« AMDがいつも通り迷走中 | トップページ | 単機能ディスクリ万歳論 »

2011/06/23

type Pのクロックアップ

Typep
(1割にも満たないクロックアップだが効果は絶大)

ほんっとーにいまさらですが、ここを参考にVAIO type Pのクロックをちょこっと上げてみた。

Z540の定格:FSB133x14=CPU1.86GHzなので、丁度CPU2GHzになるように、FSBを143MHzに設定。ボタン一発で何事もなく動く。負荷テストしても全く問題なし。そしてちょこっと上げただけなのに、レスポンスがハッキリ体感でわかるほど改善。

こんなに劇的に効果があるならもっとはやくやっておくべきだったなー、と思いつつもチキンなのでした。まーこれでまだしばらく戦えそう。

ソニー曰く「typePなんかもう作らねー」ってことらしいので、ウチのPにはもうちっとだけがんばってもらわないとだ。

|

« AMDがいつも通り迷走中 | トップページ | 単機能ディスクリ万歳論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: type Pのクロックアップ:

« AMDがいつも通り迷走中 | トップページ | 単機能ディスクリ万歳論 »