« 本物の金沢カレー | トップページ | SGIっつーよりも目薬 »

2013/05/05

自動エンコ環境

Aviutl
(ゴリゴリエンコ、こちらはAMDFXちゃんです)

自動エンコードにAviUtlを使うってのがえらいしんどかった。ちょっとでも行儀の悪いTSが来るとすぐ止まるので色々と下ごしらえが重要。おとなしくffmpegあたりで一発出力すれば話は終わりなんだけど、AviUtlで軽くフィルタかけるだけで目に見えて映像が良くなるので、そこは頑張った。

TSSplitter
(TSの不要部分をカットしないとAviUtlが食わないことが)

BonTsDemux + ffmpeg1.2
(MPEG2TSをPSに変換しないとAviUtlが止まることが)
(PSだと結局音ズレするのでaacのみ抽出)

AviUtl + auc
(バッチファイル組んで自動エンコード)

ちなみに、BonTsDemuxに同梱されてるffmpegは最新にしないとコレがまた止まる。音声エンコードが2回入るのが気持ち悪いと言えばそうなんだけど、TSのままだとどうしても動かないことがまれによくあるので妥協。録画した手元のファイルの内1/10くらいのTSでAviUtlがハングアップした。

aviutlは速度優先でフィルタ少なめ
・Lanczos 3-lobed 拡大縮小
・バンディング軽減MT SIMD
・エッジレベル調整MT
・NL-Means Light(AVX)
・自動フィールドシフト二重化

自動フィールドシフト以外はおよそスレッド増やせばリニアに性能上がるのは良い感じ。自動フィールドシフトは8C16T環境(Xeon E5)だと平均70%くらいで頭打ちになるなー。

追記
結局MPEG2PSにしても盛大に音ズレするので、TSからaacだけ抽出して後からガッチャンコする方式に。このサイト参照。TSエンコードはコレでオッケイ!って定番がないので困る。いろんなサイトの情報を組み合わせて全部試行錯誤しなきゃいけないのが手戻り多すぎるねえ。

|

« 本物の金沢カレー | トップページ | SGIっつーよりも目薬 »

コメント

俺が最近見たサイトと同じとこだw
もう試行錯誤時間が惜しいので
俺はもうあきらめたw

投稿: ぐら | 2013/05/07 11:34

結局自動化の設定に丸2日くらいかかりました。たまってる分を全部エンコードするのに3日くらいかかりそう。
エンコード設定はデインターレース入る限りどう頑張っても綺麗にならないことが分かったので、どこで妥協するかって話になりました。

投稿: Topika | 2013/05/07 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動エンコ環境:

« 本物の金沢カレー | トップページ | SGIっつーよりも目薬 »