« フリーミアムな時代 | トップページ | にてひなるもの »

2013/07/13

XBOX用にしときゃよかった

Wp_000676
(設定して一応動くモノの、手詰まり感溢れるデバイス)

Kinect for Windowsを買ってからだいぶ放置してたのですが、俺内MMDブームが去らないうちに設置しないとまた置物だなと思ったので設定。ブログ見返したら買ったことを書いてなかったようだが、多分去年の年末くらいに2万近く出して買った直後に、NTTXで投げ売り(Windows7付きで1.5万くらい)があって、カッとなって存在自体を無かったことにしたと思われる。

設置して動くのは良いとして、ハッキリ言ってKinect for Windowsは失敗商品です。ハードではなくビジネス面の制約から大きく足を引っ張られています。

Kinectというのはご存じの通り、元々はXBOXの周辺器機としてKinectがあって、ハッカーが盛り上がって、それをWindows上から使えるSDKをMSが出して、開発者が盛り上がって、公式にWindows対応のKinect for Windows登場、という流れです。ところがMicrosoftはKinect for Windows SDK正式版では、XBOX版のKinectの利用を事実上封じました。ゲーム用の倍の値段するWindows用を買わないと使わせないよ、と明確に示したわけです。

その結果何が起きたかというと、MS公式のSDKを開発者が使わなくなり、オープンソースのOpenNIを使うのが主流となりました。そしてKinect for XBOXとハードウェアIDが異なるKinect for Windowsには(開発者の当てつけか)OpenNIのドライバが用意されていません。つまりここ1年ほどの新規開発された近接認識系のソフトウェアは、ゲーム用Kinect for XBOXでは動作するのに商用・高機能版Kinect for Windowsではネイティブ動作しないという間抜けな状態に陥っています……(ネイティブ動作できないのですが、間にブリッジ噛ませば動くものもあります)。MMDも同様で、動作するだけマシなものの、OpenNIを使ったfor XBOX版プラグインの方が高機能になっています。なんということでしょう。

ゲイツ亡き後のMicrosoftは本当に商売のセンスねぇなぁという1事例です。ASUS Xtionってこの界隈でよく聞くけど、Kinectじゃなくてコレ使う理由は?ってのはOpenNIの標準デバイスがXtionだからなんですね。

|

« フリーミアムな時代 | トップページ | にてひなるもの »

コメント

タイトルでてっきり地球防衛軍4の事かと思ったwPS3プギャー(AA略)ってしようとおもったのにい

それはさておき、せっかくのkinectがえらい残念な事になってたんですなぁ・・・

投稿: ぐら | 2013/07/16 15:45

XBOX版の方がなにかと使い勝手が良い、ってのはちょっと想定外です。MMD解説サイトもほぼXBOX版前提で解説してあるので、最初ドライバが全く認識しなくて「???」ってなってました。USBデバイスID見たら対応してないの確定。
これで新Kinnectに開発者ついてくるのかなあ、とそこはかとない不安を感じます。

投稿: topika | 2013/07/16 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/57792757

この記事へのトラックバック一覧です: XBOX用にしときゃよかった:

« フリーミアムな時代 | トップページ | にてひなるもの »