« 株処分中 | トップページ | アツいプッシュ »

2013/12/24

N-05Eプチフリ三昧

N-05Eのプチフリとの闘いは続く……。

■N-05Eのプチフリ(Lag)のメカニズム
N-05Eのプチフリは、下のようなサイクルで起きてるはず。
#Linuxのキャッシュ制御(pdflush)そのもの

①なんかのプロセスがメモリ上のキャッシュに書き込む

②バックグラウンドプロセスがキャッシュからeMMCに書き込む

③eMMCが劣化してて書き込みが間に合わない!
↓フォアグラウンドプロセスで書き込み始める!

④画面がフリーズして操作を受け付けなくなり、
 それまでのフォアグラウンドアプリが落とされる

「フォアグラウンドプロセス=最優先プロセス」で、Androidの場合システムプロセスと「今見ているアプリそのもの」ですが、システムプロセスは止められないので、アプリを追い出してキャッシュ処理を最優先で実行してしまうのが、N-05Eでプチフリといわれている挙動の正体と『推測』しております。

キャッシュ制御のカーネルパラメータ(dirty_ratioとか)いじってみたけど、微妙に挙動は変化するものの、根本的には直せないなあ。

とにかく、これ以上の解析はARMのクロスコンパイル環境を復活させないといろいろ難しくなってきた。どっかにeMMC toolsのARMバイナリ落ちてないかしら。

|

« 株処分中 | トップページ | アツいプッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/58829603

この記事へのトラックバック一覧です: N-05Eプチフリ三昧:

« 株処分中 | トップページ | アツいプッシュ »