« AMDのイメージ戦略とは | トップページ | G-SYNCの騒動について »

2015/02/06

ホネホネロック

Linuxベースで28自由度の動くフィギュア「MF303」

今だ手作り感溢れるホネホネロック状態の素体ですが、がっかりアイテムだったクーマリオンと違い、ダイレクトにMMDに入力できるのはものっそい素敵なアイテムですね。

将来、コンシューマ向けに大量生産した場合には、5~10万円程度の販売を想定しているという

それくらいなら何とか……素体に被せるガワもデフォルトで用意して欲しいw

|

« AMDのイメージ戦略とは | トップページ | G-SYNCの騒動について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホネホネロック:

« AMDのイメージ戦略とは | トップページ | G-SYNCの騒動について »