« Windows10と眼精疲労 | トップページ | Windows10 UEFIブートの罠 »

2015/09/25

エンコーダ比較

Windows10でAVIUtl環境を整えたので、大体 QP I:23 P:26 B:30でテキトーにHD動画5200fをエンコした結果を記載。QSVはオンボになんかディスプレイ繋いでおかないとダメなのがめんどくさい。

OS:Windows10Pro
CPU:i7-5775C (IrisPro 6200)
GPU:GeForce GTX980

AVIUtl v1.00
x264guiEx 2.34
QSVEnc 2.12
NVEnc 1.10

encorder / time / fps / filesize
x264Ex / 81.5s / 65.71fps / 39.5MB
QSVEnc / 45.8s / 137.06fps / 52.2MB
NVEnc / 38.7s / 152.13fps / 68.9MB

NVEncもQSVもはっやーい、けど速度に比例する圧縮率。速度のNVEnc、バランスのQSV、品質のx264って感じですかね……画質面でも一番良いのはx264ですので。録画PCの自動エンコとかはQSVで良いのかも知れない。うちのSandy-Eには付いてないけどな!

|

« Windows10と眼精疲労 | トップページ | Windows10 UEFIブートの罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンコーダ比較:

« Windows10と眼精疲労 | トップページ | Windows10 UEFIブートの罠 »