« Windows10 Mobile普及不可能 | トップページ | あの送料はなんだったのか »

2016/03/25

久しぶりの電書端末

Dcim0817
(hontoも動く、EInkで常用できそうな初めてのandroid端末)

Windows10 Mobileがあまりに残念だったので、勢い余って買ってしまった。注文したら翌日に来るのは最近はデフォなのか……。

Onyx BOOX C67MLcarta2 ¥26,800-

T68当たりで(一部で)有名になったOnyx BOOXの最新製品……なのかな。あまり追っかけてなかったからよくわからないんだけど。見かけてよく調べもしないで即日発注したからw

・EInk Carta2搭載(Kindle Paperwhiteと同じ)
・Android 4.2.2搭載、4.4update予定
・Google Play正式対応
・SoCがCortex-A9 Dual core

最後のがデカイ。Eink端末はゴリゴリ処理する用途に使わないので、Kindleやkobo初代から最新のA4端末に至るまでシングルコアSoc、たいていFreescaleのi.MX5xあたりを搭載したものしかありませんでした。汎用Android端末として使うにはデュアルコアってのはメチャクチャデカイ利点です。明記はされてないけど、おそらくi.MX6 Dualを搭載してるんだと思われる。……いつのまにFreescaleってNXPに吸収されてたんだろう?……。

兎に角、Android化したkoboとかSONY Readerとは違って、キッチリ常用できそうな端末に仕上がっています。値段もT68が4万位してた記憶と比べると手頃ですね。まあ今時液晶端末なら1万切りますので、完全に趣味の世界ですけどね!

|

« Windows10 Mobile普及不可能 | トップページ | あの送料はなんだったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/63391041

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの電書端末:

« Windows10 Mobile普及不可能 | トップページ | あの送料はなんだったのか »