« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/29

ビデオカード買ったz

Dcim0847
(バックプレートが付いて少しごついが机に収まる)

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GD ¥45,800-

残念、980Tiです。980から980Tiへの更新はなぜなのか。

GIGABYTEの9xxシリーズは、他社と異なりオリジナル基盤のDVIが2つ、ってのは980買うときの大きな要因だったのですが、

GIGAの1080はオリジナル基盤もDVIが1つになってしまった
GIGAの1070はDVIが2つあるけど高さがでかくて机に入らない

という理由によって、今よりパワーアップするならGIGAの980Tiしかないと判断。で、今は買い替え需要で980Tiの中古価格がガツンと下がって、逆に買い取りキャンペーンで980の買い取りはそれほど下がってない。差額2万程度で交換できたのでまーいっかなと。

14ちゃんとかはふつうに1.4倍くらいの性能が出て十分なんですが、MMDはスループットが980より下がった……どうもDX9だと980Tiには軽すぎてサボるらしい? うーん、困るな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016/07/22

プロモなのか縮小なのか

格安SIM「0 SIM」、申し込みが「0のつく日」限定に

プロモーション説と経営悪化説が錯綜しててよくわからん。でもこれだけ経営悪化説が出るって事は「儲かるわけが無い」ってみんな思ってるんだろうなw

私はコレにMNPで音声付きを契約してます。そしてF-04Fに入れて電源切ってカバンの中に入れっぱなし。スマホとかケータイ忘れた時用の完全予備品扱いですが、こういう使い方できるのは0simならではですね。音声SIMなら使わなくても解約されないので楽ちんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/19

記憶域階層がよくわからない

記憶域スペースで欲をこいて、階層化記憶域というのに手を出してみようとした。

階層化というのは、たとえばSSD500GBとHDD8TBで8.5TBのシームレスなストレージを確保して、内部でうまいこと配置を実施して、容量と速度の両立を図る技術、VMの世界では割と一般的に使われている、はず。ReFSはNTFSを代替(補完?)するファイルシステムで、ミラーリングしてるデータの片方がエラーになったときに、もう片方を使って自動修復を実施する素敵なもの?って感じ。ほんで

・Crucial MX200 500GB x2
・Seagate Archive HDD 8TB x2

のセットで階層化かつReFSの領域を作ろうとしたんだが……挙動がちょっと思ってたんと違う。

SSDを優先して使ってあふれたらHDDを使う、って思ってたんだけど、基本HDDに書き込んだ上で、デフラグ時にアクセス頻度の高い順にSSDに移す、というロジックで動いてるっぽい? つまるところ、書き込み時はおっそいArchive HDDの速度で動いて、デフラグ後にSSDに移った部分は速くなる、と。SSDがでっかいREAD/Weiteキャッシュとして動くもんだと思ってたので、ちょっと期待と違う。むしろWS2012R2/Windows8.1のときはそー(SSD優先で)動いてた、という話もあるので、WS2016/Windows10で仕様が変わったのかも……と思いつつも情報がなさ過ぎてよくわからない。

この状態でデータ移していいのかちょっと判断付かないので、一旦ペンディングかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/15

時代はHBA

P1000004
(コスパではこれにかなうものは無いがport盛りすぎ)

ProjectM PM-PCIE10SATA3
¥6,802-

クロシコからも出てますが、値段一緒なのにProjectMは1年保証でお得。

記憶域スペースが使い物になるとわかったので、HW RAIDいらんやんという極短志向に。具体的にはデスクPCで使っている、年代物のPromise EX8350をHBAに入れ替えて記憶域化しようと。EX8350はPCIe 1.0のx4なのですが、世代が古すぎてx2でリンクできない仕様なので、Z97のPCIe x2スロットでx1リンクしていておっそーいのが気になってました。まあ10年選手だしね……。

そこでPCIe 2.0 x2のHBAの登場です。2port SATAにポートマルチプライヤを2チップオンボード搭載して10port、載せすぎじゃね? とおもいつつも速度良好・ド安定・Hotplug対応というのを見て、まあこれかなと。Marvellのネイティブ4portも検討しましたが、こっちはどうも不安定っぽい。

しかしport番号と認識位置が見事にバラバラだなこれw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/06

備忘録:記憶域の(まともな)作り方

Storagepool
(左からHDD単体、シンプル(RAID0相当)、パリティ(RAID5相当))

いつまでも放置しておくわけにはいかないので、記憶域の作成を頑張った。結論としては、シングルパリティ(RAID5相当)で十分パフォーマンスが出てGOODです。画像の右側がシングルパリティですが、Writeで100MB/s出て、かつランダムもなかなか出るので、ソフトウェアストレージとしてはかなり良い仕上がりです。素のWindows8でパリティ記憶域を作るとWrite10MB/sとか芸術的な状態だったのですが、中身を理解してチューニングと設定をすればこれくらいは出るってことで。。

必要情報はココから引っ張ってます。

◆環境
SATA INTEL SSD311 x2
NL-SAS MG04SCA500E x4
HBA LSISAS2008(ASUS PIKE2008)

記憶域のシングルパリティで性能出すにはSSD2台が必要のようです。Write 100MB出た!って言ってますが、たぶんIntel SSD311のWrite性能がそこまで、ってだけで、もっと速いSSD使えばもう少し伸びるんじゃないかなーと思います。NASとしては100MB/s出れば十分なので、SLCの安定性に期待します。

◆前準備

まず何はともあれPowerShellのcmdletを入れます
全ての操作は管理者権限のPowerShellです。

◆記憶域プールの作成
とはいえ、記憶域プールは特にオプション無いのでコンパネから作成してOK。記憶域スペースは作成せずにキャンセル。というのも、コンパネから記憶域スペースを作るとパフォーマンスが出ません。。。PowerShellでの作成が必須です。
そしてライトキャッシュを有効化
Set-StoragePool -FriendlyName "記憶域プール" -IsPowerProtected $True

◆キャッシュ用SSDの設定
SSDのUsageをJournal(キャッシュとパリティ計算?用)に設定
Set-PhysicalDisk -FriendlyName "ATA INTEL SSDSA2VP02 SCSI Disk Device" -Usage Journal

◆記憶域スペースを作成(シンプル、キャッシュ無し)
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName "記憶域プール" -FriendlyName "シンプル記憶域" -ResiliencySettingName Simple -Size 4000000000000 -ProvisioningType Fixed -NumberOfColumns 4 -WriteCacheSize 0
◆記憶域スペースを作成(パリティ、キャッシュ8GB)
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName "記憶域プール" -FriendlyName "パリティ記憶域" -ResiliencySettingName Parity -UseMaximumSize -ProvisioningType Fixed -NumberOfColumns 4 -WriteCacheSize 8GB

HDDが4台なので4分割で格納するように指定します。(コンパネからだと3固定)。SSDのJournal領域があると、デフォルトで1GBのキャッシュが取られるようですが、シンプル(RAID0相当)の場合、キャッシュを経由すると遅くなるので明示的に0指定。パリティの場合はもっと詰みたいので8GBを指定。Journalが2台あるとx2で16GB使ってるっぽい。

一からやると敷居高いんですが、いったん理解するととても高性能なストレージを「OS標準機能で」作れるので大変よろしいです。とても知名度低いですけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/07/03

CM1用フィルタセット

Dcim0844
(外装が粉砕されているのは米尼クオリティ)

Opteka 28mm High Definition II Professional 5 Piece Filter Kit $14.95

CM1は沈胴レンズのくせにマクロ側が強くないので、マクロレンズを買おうと思ったら日本には無かった。というか28mmフィルタは日本では死滅分野らしい。ってことでamazon.comから購入。UV, CPL, FL, ND4、MACROの5枚セットケース付きで$15って大丈夫なのか……と思いつつも他に選択肢も無いので注文。amazon通常便で2週間かけて箱が粉砕されたブツが届いた。これフィルタケース同梱じゃなかったら中身粉砕されてるんじゃないのw

MACRO 10xとか書いている割りに2xくらいまでしか寄れない気がするけど、まあ値段が値段だし。他のフィルタを使うのか不明。つかCPL入ってるからHAKUBAの買わなきゃ良かった……。

とりあえずこれでCM1オプションはケース以外打ち止めかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »