« CM1用フィルタセット | トップページ | 時代はHBA »

2016/07/06

備忘録:記憶域の(まともな)作り方

Storagepool
(左からHDD単体、シンプル(RAID0相当)、パリティ(RAID5相当))

いつまでも放置しておくわけにはいかないので、記憶域の作成を頑張った。結論としては、シングルパリティ(RAID5相当)で十分パフォーマンスが出てGOODです。画像の右側がシングルパリティですが、Writeで100MB/s出て、かつランダムもなかなか出るので、ソフトウェアストレージとしてはかなり良い仕上がりです。素のWindows8でパリティ記憶域を作るとWrite10MB/sとか芸術的な状態だったのですが、中身を理解してチューニングと設定をすればこれくらいは出るってことで。。

必要情報はココから引っ張ってます。

◆環境
SATA INTEL SSD311 x2
NL-SAS MG04SCA500E x4
HBA LSISAS2008(ASUS PIKE2008)

記憶域のシングルパリティで性能出すにはSSD2台が必要のようです。Write 100MB出た!って言ってますが、たぶんIntel SSD311のWrite性能がそこまで、ってだけで、もっと速いSSD使えばもう少し伸びるんじゃないかなーと思います。NASとしては100MB/s出れば十分なので、SLCの安定性に期待します。

◆前準備

まず何はともあれPowerShellのcmdletを入れます
全ての操作は管理者権限のPowerShellです。

◆記憶域プールの作成
とはいえ、記憶域プールは特にオプション無いのでコンパネから作成してOK。記憶域スペースは作成せずにキャンセル。というのも、コンパネから記憶域スペースを作るとパフォーマンスが出ません。。。PowerShellでの作成が必須です。
そしてライトキャッシュを有効化
Set-StoragePool -FriendlyName "記憶域プール" -IsPowerProtected $True

◆キャッシュ用SSDの設定
SSDのUsageをJournal(キャッシュとパリティ計算?用)に設定
Set-PhysicalDisk -FriendlyName "ATA INTEL SSDSA2VP02 SCSI Disk Device" -Usage Journal

◆記憶域スペースを作成(シンプル、キャッシュ無し)
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName "記憶域プール" -FriendlyName "シンプル記憶域" -ResiliencySettingName Simple -Size 4000000000000 -ProvisioningType Fixed -NumberOfColumns 4 -WriteCacheSize 0
◆記憶域スペースを作成(パリティ、キャッシュ8GB)
New-VirtualDisk -StoragePoolFriendlyName "記憶域プール" -FriendlyName "パリティ記憶域" -ResiliencySettingName Parity -UseMaximumSize -ProvisioningType Fixed -NumberOfColumns 4 -WriteCacheSize 8GB

HDDが4台なので4分割で格納するように指定します。(コンパネからだと3固定)。SSDのJournal領域があると、デフォルトで1GBのキャッシュが取られるようですが、シンプル(RAID0相当)の場合、キャッシュを経由すると遅くなるので明示的に0指定。パリティの場合はもっと詰みたいので8GBを指定。Journalが2台あるとx2で16GB使ってるっぽい。

一からやると敷居高いんですが、いったん理解するととても高性能なストレージを「OS標準機能で」作れるので大変よろしいです。とても知名度低いですけどね!

|

« CM1用フィルタセット | トップページ | 時代はHBA »

コメント

windows8?って調べたらserverOS
だけじゃなくてクライアントOSでも
使えるんだね

IRST(&ISRT)消してこっちやってみるのもありかな

投稿: ぐら | 2016/07/08 21:35

ですねー、サーバOSだとGUIがマトモらしいんですが、内容理解してればコマンドラインで何とでもなるようです。Win10だとGUIがサーバ並みにマトモとかいう話ですね(今回は8.1使用)。物理ドライブ数をやたら必要とするのが難点です。

投稿: Topika | 2016/07/08 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/63875434

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録:記憶域の(まともな)作り方:

« CM1用フィルタセット | トップページ | 時代はHBA »