« さらばPassport | トップページ | 最近のモバッテリー »

2017/01/02

BRAVIA Android TV調査

P1000074
(いちおうhontoも動きますって!ストレージ8GBしかないけど!)

実家のTVが壊れたので「50サイズで4kが欲しい」とのことで

SONY BRAVIA KJ-49X8500C ¥134,800-

バッタ屋で適当に購入。安いか高いかは不明。とりあえずAndroid TVに興味があったので、自分用に購入するかどうかも含めて検討のためにいじってみた。

結論:時期尚早

Android TVとしての機能はちゃんと動くけど、あくまでSoCのおまけ機能に近いので、多大に期待しちゃダメな感じ。SONY BRAVIAは上から下までラインナップがいろいろあるけど、内部構成が

上位機種: 画像プロセサ(X1)+SoC(MediaTek MT5890)
下位機種; SoCで画像処理も全部やる(MediaTek MT5891)

になっている。実家用に買った8500Cは上位機種の一番下な感じ。TVとしてみれば文句なく上位機種が高性能。何だけど問題はAndroid TV部分を担当するSoC、これが下位機種の方が(画像処理にも使うから)高性能になっている。スペックを見ると

MT5890: Cortex A17 2core Mali-T624 MP2 34Gflops
MT5891: Cortex A53 4core Mali-T860 MP2 47.6Gflops

上位機種(9350D~8500D)よりも下位機種(8300D)の方がAndroid TVとしては高性能という逆転現象が起きているという。ちなみにOSも上位は5.1.1(Lollipop)で下位は6.0.1(Marshmallow)で逆転している。製品としての過渡期の現象なのか、まだ2世代目だけによくわからん状態。まだAndroid TVは柔らかい。

他にも、SDスロットがないのにストレージ領域が8GBしかなくて何するにもキツいこと、Androidとしては1920x1080のアプコンで動作していて4kで扱えるのは一部アプリ(YouTubeとか)だけなこと、など、いろいろ惜しい仕様が多く、成熟を待つのが良さそうだと結論して、自分用の購入は見送り。MediaTekの安物SoCではなく、現行TegraとかSnapdragonあたりの高性能チップが載ってくれば期待できるんだけどな。

良かった探しをすると、Cromecast内蔵なのでスマホとの連携がちょう楽とか、音声検索がググる様のTVCMみたいにできるとか、Android TVなりの利点はやっぱりあります。今買う必要があるなら悪くないチョイスだけど、わざわざ買い換えるには早い感じですね。

|

« さらばPassport | トップページ | 最近のモバッテリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53836/64706602

この記事へのトラックバック一覧です: BRAVIA Android TV調査:

« さらばPassport | トップページ | 最近のモバッテリー »