« Fの最後の輝き | トップページ | 久しぶりに自作風活動 »

2018/11/12

NANDじゃないSSD導入

P1000647
初期版と違ってがっつりとリテールパッケージに入っておる)

Intel Optane SSD 900P 280GB SSDPE21D280GASM

システムドライブをMBのSoftRAID0で構築してたのが吹っ飛んだ時の被害拡大に貢献したので、シングルドライブ化しよう、ってことでもやもや考えていたのですが。最近めったに出てこない未知の新技術ってことでOptane 3DXpointにぶっこんでみた。最小容量の280GBですが、今までシステムは240GBx2で構築してたけど容量ダダ余りなのでこんくらいで十分です。

値段は中古で3万ちょい……SATA3 SSD初めのころのOCZ Vertex3MIと同程度の価格と思えば……時代が違う。Optaneは5PB overの耐久性を誇るので中古でも問題ない(はず)。いちおーZ97-AはMVNe対応しているのですが、めっさアクロバティックな構成を取らざるを得なかったので久しぶりに自作道を満喫した感じ。

↓パホーマンスはこんな感じ、既存のベンチデフォだと性能を引き出せない。Read/Writeの数十スレッド同時アクセスでNANDがへたれるところ、3DXpointは平然と処理する模様。ベンチ見る以外の用途は不明。

Intel_optain_ssd_900p

4K R/Wが今までのRAID0 240GB x2のシーケンシャルくらい出ててキモい。ただし予想通り体感には寄与しない。

|

« Fの最後の輝き | トップページ | 久しぶりに自作風活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NANDじゃないSSD導入:

« Fの最後の輝き | トップページ | 久しぶりに自作風活動 »